シェアする

【必聴】 Halo at 四畳半「リバース・デイ」

シェアする

BUMP OF CHICKEN好き必聴!

Halo at 四畳半の最新アルバムよりリード曲の「リバース・デイ」がめちゃくちゃいい!

これは2015年に知ったバンドで一番かもしれない。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

 Halo at 四畳半


バンド名は”Halo at 四畳半”。読み方は”ハロアットヨジョウハン”。

千葉県佐倉市出身、いま大注目の若手ギターロックバンドです。

千葉県佐倉市出身のギターロックバンドと言えばBUMP OF CHICKEN!

この出身地を見ただけで、バンプファンならとりあえず視聴するでしょう(笑)

それにバンド名が”Halo at 四畳半”。Haloという宇宙系の単語や四畳半に過敏に反応してしまいます。

楽曲もバンプ好きのツボを押さえたかのようなギターロックです。

バンプ好きには必ず聞いてほしいバンド。

リバース・デイ

Halo at 四畳半の楽曲の中でも特にオススメなのが「リバース・デイ」という曲。

この曲は2015年7月8日にリリースされたHalo at 四畳半初の全国流通盤となる1st Mini Album「APOGEE」の1曲目に収録されています。

APOGEE
【収録曲】

01.リバース・デイ

02.天文薄明の街へ

03.箒星について

04.アメイジア

05.硝子の魔法

06.孵化

07.シャロン

「リバース・デイ」以外もいい曲でした。7曲で1620円なのでとってもお得かと。

まずはこの曲で好きなところは曲の構成。

イントロは美しいギターリフが流れ途中からバンプの「Stage of the ground」を彷彿とさせるドラムが合わさり曲が始まっていきます。

Aメロ、Bメロ、サビと穏やかなギターと力強いドラム、芯のあるヴォーカルが徐々に曲を盛り上げていきます。

そして、サビが終わるところ、「リバース・デイ」という歌詞とともにベースとギターがさらに加わり音が爆発します。ここがこの曲で一番好きなところです。

以降はギター2本、ベース、ドラムの力強いバンドサウンドで曲が進みますが、メロディーがいいのであっという間に最後まで聞いてしまいます。

歌詞もすごく好きです。特にサビの歌詞。喪失と再生を歌っています。”Rebirth”(再生、復活の意味)ですからね。
失いながらも前を向く、希望に進む歌詞に元気をもらいます。

歌詞の内容もバンプ好きにはストライクなのではないかと思います。

まとめ

曲構成、メロディー、歌詞とバンプファンは高確率で気に入るバンドだと思います。

まだリリースしているCDが少ないので聞くなら今から聞くといいのではないでしょうか!

今後、邦楽ロックシーンの中心に来そうなバンド”Halo at 四畳半”。

注目して聞いていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク
スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)