シェアする

ドコモのケータイ補償サービスで壊れたiPhoneを交換した

シェアする

先日、初めて携帯電話の画面を割ってしまいました。iPhone4から使い始めて6年間、一度も画面を割ったことはなかったのでショックでした。
iPhone7に機種変更しても良かったのですがクリスマスにMacBookを買う予定(もう買いましたけどw)があったので今回はiPhone6 Plus契約時に申し込んでおいたドコモの携帯補償サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」を利用して携帯を新しくしました。補償サービス申し込んでおいて良かった・・・
Webから申し込めてすごく楽だったのですがちょっと不満もあるのでメモがわりに今回の体験をまとめておきます。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

iPhoneの画面は簡単に割れる

今回私がiPhoneの画面を割った時の状況です。
歩いていたら靴紐が解けたため結び直すのにかがむ時、上着のコートのポケットにiPhoneをしまいました。そして運悪く立ち上がるときにポケットからコンクリートの地面に落ちてしまいました。数10cmの高さから落ちただけなので大丈夫かと思ったのですが、ちょうど画面の角のガラスの部分から落ちてしまい、見事にビキビキに画面が割れてしまいました。

こんな感じです。機種はiPhone6 Plusです。
20161226_1

画面が表示されるとこんな感じ。
20161226_2

いやー、我ながら見事に割ったものだと思います。右上の角から落ちてそこから大小たくさんの亀裂が画面に入ってしまいました。さすがにこれは使いにくい。
ポケモンGOをプレイしているとどうしても携帯を落とす機会が増えてしまうと思いますので、皆さん気をつけてください。

ドコモの携帯補償サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」を利用してみる

画面が割れてしまったものは仕方がないということでドコモの補償サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」を利用してみました。

「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」補償内容

こちらのサービスはドコモで携帯を機種変更したときにつけることのできるオプションの1つです。
機種によって金額は変動しますが毎月600円〜700円ほどドコモに支払うと携帯が壊れたときに同一機種のリフレッシュ品と交換してくれるというサービスです。

詳しいサービスの内容はドコモのサイトで。
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/delivery/

注意点は交換してくれる機種は新品ではなくリフレッシュ品ということ。リフレッシュ品はこのような端末を指しています。

お客様より回収した電話機に故障修理・外側カバーの交換・品質の確認を行ったうえで、新品同様の状態に初期化した電話機です。

要するに誰かが使ったやつを回収して綺麗にした端末ということです。機種変をする時の端末下取りとかしてもらいますよね? そういうところで集めたものなどをもう一度整備して新品同様にしたものが送られてきます。

また、ドコモでは機種別ですが端末代金がかかります。私の場合はiPhone6 Plusだったので端末代として7,500円が別にかかりました。
この端末代にはドコモポイントを使用することもできます。私は貯まっていた6,000ポイントを使用して実質支払う代金を1,500円にしました。

申し込みから交換までの流れと日数

「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」のサービスを受けたい場合の申し込みは電話かインターネット(Myドコモ)から申し込むことができます。
電話申し込みの場合は受付時間が午前9時〜午後8時までです。Myドコモから申し込みの場合は24時間手続きができます。
いつも仕事が終わると受付時間を過ぎてしまっていたので今回はMyドコモから申し込みをしました。

Myドコモからの場合は出てくる質問事項に回答していく形式で申し込みをします。送り先はどこかとか携帯の破損状況などが聞かれますが基本的には設定されている選択肢を選んでいく感じなので手間はかかりませんでした。5分くらいで申し込めたと思います。

申し込みが完了すると1〜2日でリフレッシュ品が届きます。私は夜に申し込みをしたので2日後に届きました。届く日の時間まで指定できたのはとてもありがたかったです。

結構大きめのダンボールで届きます。
20161226_3

20161226_4

中にリフレッシュ品のiPhoneと壊れたiPhoneを返送するための封筒が入っています。

20161226_5

ビニールの袋に入っているとはいえ、端末がドンっと入っているのはなかなか衝撃的でした。
画面には新品同様に透明なシールが貼ってあり、リフレッシュ品とはいえ新品同様の見栄えでした。

20161226_7

大切な返送用封筒。誤って捨てたりしないように注意です。

20161226_6

あとは届いたリフレッシュ品にiTunesでとっておいたバックアップデータを送ればOK。ゲームデータなどでパスワードを入れないと引き継げないものは壊れた方を初期化する前にメモするなりリフレッシュ品の方に忘れず移行するなりしておきましょう。
データの移行が終わったら壊れたiPhoneは返送用封筒で送れば手続き終了になります。ちなみに、返送は「補償受付日」より10日以内に行う必要があり、旧機種が手元にあるのに返品できないと違約金として80,000円取られるようです。怖いですね・・・

まとめ

今回、誤って画面を割ってしまったiPhone6 Plusをドコモのケータイ補償サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」を利用して新しいものと交換をしました。
ネットから楽に申し込みが出来て、申し込んでから2日でリフレッシュ品が届きました。iTunesでバックアップを取っておけばリフレッシュ品をPCに繋ぐだけなのでデータの移行も楽チンです。

ポケモンGOをプレイしていると携帯を落とす危険性が高まると思いますので、補償サービスは入っておいて損はないのかなって思いました。
まぁ、壊さないように落とさないようにするのが一番なんですけどね。

気をつけて生活しようと思います。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク
スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)