シェアする

今更だけど、DAOKOっていいよね。オススメ曲をまとめておきます

シェアする

ちょー今更さらですけど、去年くらいからDAOKO(@Daok0)にハマってます。ブログで取り上げようと思っていたのですなかなか取り上げられず今に至ります。
DAOKOみたいなミステリアスな雰囲気の女性、好きです^^

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

DAOKO (読み:だをこ)

1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。
16歳にして2013年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。
2014年公開映画「渇き。」では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽を、TeddyLoid と担当。世界各国から大きな注目を集める。

そして、2015年3月女子高生にしてTOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。 彼女らしい独特の世界観はそのままに、新進気鋭トラックメーカー、そして GREAT3 片寄明人 が参加した7組と制作。同年8月17日には渋谷WWW での初ワンマンライブを行い、チケットは即日完売となる。10月21日にはDouble A Side 1st シングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」をリリース。2本の大型MUSIC VIDEO 企画が決定し、第1弾は、日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響 × DAOKO 企画。スタジオカラーによるアニメーションミュージックビデオ「GIRL」。第2弾は、DAOKO 初の顔出しとなった児玉裕一監督による「ShibuyaK」。ブラインドしていた彼女のその全貌が明らかになった。

2016年1月15日、DAOKO THE FIRST TOUR 、東京 渋谷TSUTAYA O-EAST公演を完売。大成功を収める。同年4月より、日本で最も注目を集める4人の新世代クリエイター「PALOW× 吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL2016年度新CM、そしてCMソングを担当。印象的な歌声とナレーションは話題を集める。さらに、Reebok CLASSIC が2016年フォーカスする「フューリーライト」のイメージムービー“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie” に DAOKO が出演。さらに、cygames2016年新TVCMに「もしも僕らがGAMEの主役で」が決定。9月には待望のTriple-A Side 2nd Single「もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」が発売。シングルからの2016年ツアー”青色主義” は東京・大阪・韓国4Daysの公演を行い、大成功を収めた。

2017年2月より“青色時代” ツアーが決定。そして、制作統括・音響監督を庵野秀明さんが務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』にDAOKOが参加。3月にはLINE LIVEによる“タテ型”MV「Portrait Film Project」第2弾アーティストにDAOKOが決定。川村元気氏×関和亮監督が仕掛ける新たな映像表現プロジェクトは20歳になるDAOKOの新たな幕開けに期待を集める。

引用:http://daoko.jp/profile/

プロフィールだとラッパーになっていますが、彼女の曲はポップでテクノ系の聴きやすいものも多く、ラッパーだからといって聞かないのはもったいないです。
彼女を一躍有名にしたのは学校法人・専門学校HALのCMソング「ダイスキ with TeddyLoid」ではないでしょうか。私もこのCM曲で知りました。印象的な歌詞と耳に残る歌声で、他の曲も聴いてみたいと思わせるパワーがありました。
それから彼女の曲を聴くと可愛らしい曲からカッコいい曲まで実に色々な振り幅を見せてくれて、気がつけばハマっていました。これから若者のアイコンとして活躍していきそうな予感がします。

では、オススメ曲をまとめておきます。ぜひ、視聴してみてくださいね。

ダイスキ with TeddyLoid

学校法人・専門学校HALのCMソング。アニメを見ているとエンディングと次回予告の間あたりによくCMが流れていて耳にすることが多かった。
「ダイスキ with TeddyLoid」はちょっと?ヤンデレ感のある歌詞が印象的。

すき キライ
大嫌い スキ
好き 嫌い
ダイキライ 好き
すき キライ
大嫌い 好き
キライ きらい 嫌い
ダイスキ

アニメをよく見ている人は聞けば「あのCMの曲か〜」ってなると思います。

もしも僕らがGAMEの主役で

「もしも僕らがGAMEの主役で」はCygamesのTVCMタイアップソングでした。これもアニメ見てるとよく流れていた曲ですね。
よくCMで耳にしていた「もしも僕らがGAMEの主役で」と「ダイスキ with TeddyLoid」が同一人物の曲だと知った時は運命を感じました(笑)

こちらはピコピコしたテクノっぽい雰囲気を出しながらサビは非常に聴きやすく耳にスッと入ってくる名曲です。

BANG!

DAOKOにどっぷりとハマるきっかけになった曲。そもそも「ダイスキ with TeddyLoid」「もしも僕らがGAMEの主役で」を歌っているのがDAOKOだと知ったのは「BANG!」を聴いてからなんですよ。
DAOKOはトイズファクトリーからメジャーデビューしています。トイズファクトリーは私の大好きなBUMP OF CHICKENも所属しています。なのでDAOKOは確かトイズファクトリーのオススメみたいな感じで「BANG!」のMVが出てきて、聴いていいなと思い、いろいろ調べてみたらよく耳にしていた「ダイスキ with TeddyLoid」「もしも僕らがGAMEの主役で」を歌っている人だったという流れで好きになっていきました。

そして、「ダイスキ with TeddyLoid」「もしも僕らがGAMEの主役で」「BANG!」の3曲はTriple A Side 2nd Singleとして発売されていて即購入しました。
だってハマるきっかけになった大好きな3曲がまさか1枚のCDになっているとは思わないじゃないですかw
この時、DAOKOってスゲーなって思いましたね。

ShibuyaK

こちらはDAOKOの1st Single。テクノ曲で80年代っぽい雰囲気を醸すサビがいい感じです。工藤静香あたりが歌ってそうw
クールな中にも可愛らしさが出ている絶妙なバランスの曲だと思います。

水星

こちらは1stアルバム「DAOKO」の1曲目に収録されているリード曲。原曲は「ブロウ ヤ マインド アメリカ 大好き」でこれをtofubeatsがアレンジしたものです。
DAOKOの特徴的な歌声をミステリアスな雰囲気を楽しめるのでお気に入りの曲になっています。

まとめ

これからますます人気が出そうなDAOKOのオススメ曲をまとめました。
CMで起用された「ダイスキ with TeddyLoid」「もしも僕らがGAMEの主役で」はアニメ好きな人は一度は耳にしたことがある曲ではないでしょうか。DAOKOの可愛らしさを堪能できる「BANG!」やテクノ曲「ShibuyaK」「水星」もいい曲なので聴いて見てください。

DAOKOのMVのコメント欄、外人さんが多いですね。確かに外人ウケしそうな顔してますよねw

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク