シェアする

岡崎体育が新アルバム「XXL」より「Natural Lips」のMVを公開!これは空耳アワーをみている気分になる

シェアする

2017年6月14日にメジャー2nd Album「XXL」をリリースする岡崎体育。アルバムリリースまでに3曲のMusic Videoを公開することを公言しており、すでに「感情のピクセル」のMVを公開済み。そして、5月26日に2曲目のMV「Natural Lips」のMusic Videoを公開。今回も面白いネタをぶっこんできた。アルバム「XXL」がますます楽しみになる1曲だった。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

岡崎体育 2nd Album「XXL」

XXL(初回生産限定盤)(DVD付)

収録曲

  1. XXL
  2. 感情のピクセル
  3. Natural Lips
  4. Horoscope
  5. まわせPDCAサイクル
  6. 電車で聴くと映画の主人公になれる曲 (Interlude)
  7. Open
  8. 観察日記
  9. Snack
  10. 鴨川等間隔

今回公開されたのは3曲目に収録されている「Natural Lips」。直訳すれば「自然な唇」。どういう意味でこんなタイトルにしたのかと思ったけど、MVをみたらなるほどと納得できるタイトルだった。やっぱり体育くんの目の付け所は面白いし、高いレベルで仕上げてくるのは素晴らしい。

「Natural Lips」 Music Video

今回はどのような仕掛けが施されているのか。気になりながらもMVを再生するといきなり注意書きが出てくる。

この作品は日本語として聴き取りにくい発音で歌唱されています。
映像に現れる歌詞をよく読んでご鑑賞ください。

「感情のピクセル」と違い、最初から嫌な予感しかしない。
そして、歌い出すと最初から爆笑してしまった。

注意書きの通りだ。

この作品は日本語として聴き取りにくい発音で歌唱されていた。

どういうことか。いわゆる日本語が外国語っぽく聞こえる歌い方をしているのだ。最もイメージしやすいのがタモリ倶楽部の「空耳アワー」のコーナーだろうか。「空耳アワー」は英語などの外国語歌詞が日本語っぽく聞こえるなので、今回の体育くんの曲は逆空耳アワーと言えるだろう。

この曲は注意書き通り歌詞を見ながら、あるいは歌詞を覚えてから聞かないと歌っている内容をしっかり聞き取れないだろう。それだけ曖昧な感じで、でも歌詞見ながらだと、きちんと日本語に聞こえる絶妙な歌い方をしている。体育くん、器用すぎる。まさに「Natural Lips」。唇の動きは自然なのに聞こえる音は不自然。そういうことにしておく。

そういえば、昔このツイートがバズってた。元ネタというか着想はこれだったんだろう。

マジ器用、体育くん。才能あふれすぎてる。

ブス? 否、美人

サビの歌詞で、

ブス?否、美人

って歌ってるけど、どっちもブスですから〜。残念!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

最初見たときはそう思いました。ただ、何回も見ているとやっぱり「ブス?否、美人」と思えてくる不思議。あの汚い足もなんだか愛おしく見えてくる不思議。

いや、やっぱりブスか・・・自分の目がよくわからなくなる。

まとめ

メジャー2nd Album「XXL」より、2曲目のMusic Video「Natural Lips」が公開になった。今回は空耳アワーネタ(正確には逆空耳アワーか)でまるで日本語歌詞が外国語に聞こえるというネタの曲だった。本当に絶妙な歌い方をしていて、最初は笑っていたが途中からやっぱり体育くんはすごいと賞賛を送っていた。
前回の「感情のピクセル」のようなイントロからグイッと引っ張る曲ではなくジワジワとツボにくる曲だった。アルバムだと「感情のピクセル」の次の曲が「Natural Lips」。どんな振り幅の曲たちでアルバムが構成されているのかものすごくワクワクしてきた。

3曲目のMVにも期待している。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク
スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)