シェアする

人気&オススメの青春パンクバンド・WANIMAが今更ながら良すぎる件

シェアする

最近WANIMAの勢いがすごすぎますね。昨年の夏くらいから人気出てきたなぁ〜なんて思っていたら、今年に入って一気にブレイクした感があります。
個人的にはELLEGARDEENが活動休止して以降、ちょっとブームが沈静化した感のあるパンクロック界に久々に現れたニューヒーローだと思っています。
おすすめのバンドであることは間違いない。今のパンクキッズ達の憧れであることも間違いない。今更だけど、WANIMAにもっとハマりたい。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

WANIMA

レフティのベース&ヴォーカル・KENTA、ギター&コーラス・KO−SHIN、ドラム&コーラス・FUJIのスリーピースバンドです。所属レコード会社はパンクバンドレーベルの老舗・PIZZA OF DEATH RECORDS。おお、もうこれHi-STANDARDやんけ。見た目から完全にパンクバンド。
2014年にPIZZA OF DEATH RECORDSに所属、2015年に各地の夏フェスを荒らし回り、2016年に1st Full Album「Are You Coming?」が第8回CDショップ大賞2016準大賞を受賞と順調にキャリアアップしてきて、2017年いよいよ大ブレイクの予感ですね。

WANIMAの魅力といえば前向きすぎる歌詞。ノリのいいパンクロックのメロディーに乗せてこれでもかというほど明るくて前向きな曲を歌っています。正直、最初聞いたときはあまりにも真っ直ぐすぎる歌詞が辛すぎて聞けなかったです。ほら、落ち込んでる人に「頑張れ!」って言っちゃいけないみたいなことあるじゃないですか。ちょうどあんな感じ。WANIMAは聞くタイミングや聞く人によって良薬にも劇薬にもなる音楽ですね。バンプとかamazarashiの歌詞が大好物な私にWANIMAはちょっと眩しすぎる。

しかしながら、じっくりと歌詞を読んでみるとノリのいいパンクロックの影に隠れてただ真っ直ぐなだけではない歌詞が浮かび上がってくる。この歌詞のギャップがWANIMAの魅力なんだろうと思ったら、俄然好きになった。

ということで、ノリノリのパンクロック、耳障りのいい真っ直ぐで明るい歌詞とその裏にある影の歌詞が魅力のバンド、WANIMAのオススメ曲のご紹介です。

THANX

1stフルアルバム「Are You Coming?」の12曲目に収録されています。
歌い出しの歌詞から眩しい。アツい。ど真ん中ストレート。

ありがとうを込めて歌った この気持ちに嘘はないと
サヨナラが教えてくれた 離れるのは距離だけと

初っ端から太陽拳をくらいますが、Aメロ、Bメロでは裏の部分が描かれています。

消えない傷 辛い過去を引き換えに 華やいだ未来を
絶えず笑顔を

だいぶ重傷 いや大丈夫!? 大丈夫じゃないけど大丈夫!!
疲れました もう無理膝抱え泣いた 弱音吐いて 何とか生きてる
あなたよ どうか幸せになれ

ええ歌詞やんか・・・ただ「頑張れ」っていうだけじゃなくて、ちゃんとわかってる、辛いだろうけど、前向いてみようぜって言ってくれてる気がします。
ただ真っ直ぐなことを歌うのではなく、こういう背景も描いた上で、サビを聞くと胸にズーンってきます。

WANIMAのコピーバンド絶対増えるわ。こんなのみんなやりたいじゃん。高校生だったら間違いなく休み時間に友達とWANIMAの話ばっかりしてるわ。
あと、これ、もう卒業ソングとかで使えばいいんじゃないですかね。

ともに

2ndシングル「JUICE UP!!」の1曲目に収録されています。
「ともに」も歌い出しにサビのノリの良いメロディーと前向きで爆発力のある歌詞を持ってきてリスナーの心を掴んでいます。

どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心踊る方

どんだけポジティブななんだ。「進め君らしく 心踊る方」ってすごいパワーのある歌詞。ちょっと眩しすぎて辛い。こんな考え方できたらいいなって思う、マジで。
とか思っていると、

涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと

こんな歌詞も出てくる。最後の歌詞とか、

生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る
生きていれば…命さえあれば…
前に前に前に上に上に 冗談じゃない まだ諦めてない
全て追い越して 何もかも置き去りに 思い描いたその先へ…

結構ギリギリで踏みとどまってる感が出る。むやみに明るい曲をぶっこんできるているわけではない。人生いろいろあるけどさ、生きて入ればいいことあるぜって「ともに」歩んでくれる曲なんですね。

WANIMA、いいじゃんか。これをパンクなノリで歌われたら落ちた気持ちも上がるってもんですよ。
最後の歌詞の畳み掛け、大好き。

やってみよう

WANIMAの知名度を一気に押し上げたのが桃太郎、浦島太郎、金太郎と仲間達が登場するauの大人気CMで「やってみよう」を歌ったことですね。
最初CMで聞いたときに、「おいおい、この前向きな歌詞、WANIMAか!!」ってツッコミ入れてたら本当にWANIMAでした。ただ作詞はWANIMAではなく、株式会社電通『au 三太郎シリーズ』CMプランナー篠原誠さんです。同じauのCM曲で昨年大ブレイクした桐谷健太さんの「海の声」の作詞も手がけています。
「やってみよう」のメロディーはTRADITIONAL(PD)「ピクニック」をアレンジした曲で、編曲はWANIMAが担当しています。耳馴染みのメロディーをパンクアレンジしています。
作詞はWANIMAではないですが、見事にWANIMAの曲だなって仕上がりになっていてすごいと思います。これすでに流行り始めているけど、これからもっと流行るよね。

タウンワーク新CM「スタジオ篇」

最近はダウンタウンのまっちゃんが出演して毎回気になるCMに仕上げてくるタウンワークの新CM「スタジオ篇」にWANIMA本人が出演。まっちゃんとバンド演奏してますw
さらに、このCMで流れている「ララバイ」という新曲が2017年5月17日発売の3rd Single「Gotta Go!!」の2曲目に収録されています。

WANIMA、キテル!!

まとめ

2017年大ブレイク間違いなし、CM曲にも採用されるなど今グイグイきている人気バンド・WANIMAのオススメ曲のご紹介でした。
最初聞くとポジティブな歌詞ばかり耳に残りますが、実は弱い部分も歌詞で描かれていてより胸に響く歌詞になっています。WANIMAが人気の理由がわかったような気がします。

今年の夏フェスはWANIMAのステージで盛り上がりましょう!
ロッキン、100%グラスステージだわ、これ。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク