【人形町】ラーメン二郎と蒙古タンメンが奇跡の合体!「火の豚」のフュージョンラーメン、至高。

昨年くらいから続々とラーメンの新店舗がオープンしている人形町エリア。
注目度が上がっている人形町駅近にラーメン二郎に蒙古タンメンの麻婆豆腐をかけた奇跡の合体ラーメンを出す「火の豚」がオープンしました。
ラーメン好きなら知らない人はいないのではないかと思う2店舗のラーメンが融合を果たした至高の一杯をいただいてきました。

スポンサーリンク

火の豚

東京メトロ日比谷線の人形町駅が最寄駅です。
人形町駅のA5出口をでたら右に進み、最初の角を右に曲がるとすぐに着きます。出口から出て1分もかからないくらいですね。
ちなみに斜め向かいには「東京油組総本店 人形町組」があります。人形町にラーメン店が多くなってきましたね。サラリーマンが多いですからね。

また、「火の豚」の入り口には看板が出ていたり、行列が出来ていたりするのですぐにわかると思います。

駅近でわかりやすいのですが、お店はとても小さく、客席は7席しかありません。
お昼時は混むかと思い、14:00ごろに行きましたが5人待ちでした。回転率はいいようなので10分くらいで席に着くことができました。

現在、開店したばかりでワンオペ中(店員さん一人で運営)らしく、とても忙しそうでした。

とりあえず、両替はしない(できれば800円ぴったり持って行こう!)、食べ終わったら食器をあげて台を拭いてあげるといいと思います。
早く店員さん増えるといいですね。

火の豚「フュージョン」

食券を買うときは「フュージョン」(800円)を選びましょう。
そして、これがラーメン二郎のラーメン(豚骨スープ、ゴワゴワした小麦薫る太ちぢれ麺、もやし、キャベツなどのヤサイ)の上に蒙古タンメンの旨辛麻婆豆腐をかけたラーメン「フュージョン」です。

ヤサイマシやアブラ、ニンニクを入れるかどうかはラーメンを出す直前に聞かれます。

「ニンニク入れますか?」
「ヤサイはどうしますか?」

と聞いてくれるので好みを伝えましょう。
ちなみに、現在(2018年3月)マシマシはやっていないらしいです。

写真のラーメンは「フュージョン」の普通盛りにヤサイマシです。

ラーメンの「フュージョン」にちなんでか、店員さんがドラゴンボールの道着を着ていました。

別角度から「フュージョン」。

まずは麻婆豆腐を一口。ピリッと刺激的な辛さが舌を直撃しますが、そのあと深みのある味わいがピリピリした刺激共に喉を通っていきます。
ヤサイと絡めて食べてももちろんうまし。

麻婆豆腐を堪能したら、今度は混ぜていきます。

ヤサイの下からゴワゴワした太いちぢれ麺が出てきます。
麻婆豆腐、スープ、麺、ヤサイが絡むように混ぜます。

混ぜたらあとはワシワシ麺とヤサイを平らげていきます。
コクのあるスープにピリッとした辛さが加わってこれまでに食べたどのラーメンとも違う、新しい感覚になりました。
麻婆豆腐を混ぜて濃い味わいの濃厚スープが太いちぢれ麺に絡んで麺がまた美味い。小麦の香りもグッド。

チャーシューも肉厚なのですが、簡単に噛み切れて、でも口でギュッと噛みしめると旨味がじわーっと出てくる絶妙な柔らかさ加減でした。

普通盛りにヤサイマシで注文しましたが結構な量でお腹いっぱいになりました。
大盛りや肉増しする際にはかなりお腹を空かせていったほうがいいと思います(笑)

まとめ

人形町駅近くに出来たラーメン二郎と蒙古タンメンが奇跡の融合を果たした新ラーメン「フュージョン」をいただいてきました。
ラーメン二郎の濃厚スープ、ゴワゴワうまうま太ちぢれ麺、ヤサイに蒙古タンメンの旨辛麻婆豆腐がかかったラーメン界の禁じ手を実現したお店です。

二郎と蒙古タンメンが合うのか・・・相性抜群です。ご安心ください。めちゃくちゃ美味いです。

ピリ辛ラーメン、二郎系ラーメンが好きな方は要チェックのお店です!

コメント