シェアする

【吉祥寺】つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店でベジポタつけ麺を食べてきた

シェアする

井の頭公園でサイホーン捕獲をみっちり4時間やった後、ぺこぺこのお腹を満たすため吉祥寺駅のすぐ隣にある人気のラーメン店「つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店」でベジポタつけ麺を食べてきました。
今まで食べたことがない味わいでとっても美味しかった。さすが人気店。オススメのお店です。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店 地図

最寄駅はJR「吉祥寺」駅です。最寄出口は公園口で、出てすぐ右側にあるマクドナルドの横の雑居ビル1階に「つけ麺 えん寺」があります。外に看板も出ているのでわかると思います。
客席はカウンターで12席。人気店なのでお昼時は確実に並ぶと思われます。この日、私は12時40分過ぎくらいに着きましたがその時点で10人くらい並んでいました。待ち時間はつけ麺のゆで時間がかかるため30分ほど待ちました。
並んでいる時、先に食券を購入して店員さんに渡すことになりますので、まずはお店の中にある券売機で食券を買い、並んで待っているのがいいでしょう。

つけ麺 えん寺「ベジポタつけ麺」

今回が初めての訪問なので一番オーソドックスな「ベジポタつけ麺」を食べました。
「ベジポタつけ麺」のスープはトンコツ、鶏ガラをとろみが出るまで炊き込んだスープと鰹、鯖、煮干し、エビなどの魚介ダシを合わせたダブルスープにえん寺特製の野菜ペースを加えたドロッとした非常に粘度の高い濃厚スープでした。野菜ペースを加えることで甘み加わりかなり濃い味わいなのですが、後味は想像以上にスッキリしていました。
スープの味が濃すぎると後半食べるのがきつくなるのですが、えん寺のつけ麺は最後まで美味しく食べることができました。

つけ麺 えん寺「ベジポタつけ麺」の濃厚スープ
170113_01

麺は食券を渡す時に3種類から選ぶことになります。
入り口のところに麺の特徴がまとめられているので見ておくといいでしょう。

170113_03

  • 極太胚芽麺:小麦風味、コシが強い
  • 太もちもち麺:のど越し、食感が特徴
  • 太国産小麦麺:風味、食感のバランスが特徴

えん寺イチオシの麺は極太胚芽麺とのことです。初めてだったのでオススメにするのが無難だと思い、今回は極太胚芽麺を選択しました。

つけ麺 えん寺「ベジポタつけ麺」の極太胚芽麺
170113_02

この量は大盛りになります。大盛りは1.5玉でプラス50円です。特盛は2玉でプラス100円でした。
胚芽麺ということで麺にプツプツと茶色の粒が入ってました。シコシコツルっとした美味しい麺でした。うどんに近いようなイメージでしょうか。濃厚なスープをどっしりと受け止めてくれる力強い麺です。

つけ麺 えん寺「ベジポタつけ麺」
170113_04

スープに麺をつけた。うまい。歩いてお腹も空いていたのでペロッと食べられちゃう。

170113_05

スープの中の具は、ネギ、刻んだ水菜、メンマ、トロトロのバラ肉チャーシューでした。

トロトロの柔らかチャーシュー
170113_06

卓には割りスープが置いてあるので、麺を食べ終わったらレンゲ2杯分くらいを入れて最後まで楽しませてもらいました。

とても美味しいつけ麺でした!

まとめ

吉祥寺駅公園口を出てすぐにある人気ラーメン店「つけ麺 えん寺」に行ってきました。
トンコツ・鶏ガラの動物系と鰹、鯖、煮干し、エビなどの魚介ダシ、えん寺オリジナルの野菜ペースを加えた濃厚だけと後味スッキリのスープは絶品でした。
また、この濃厚スープに負けないえん寺イチオシの極太胚芽麺もモチモチしていてコシのある美味しい麺でした。

サイホーンを捕まえに井の頭公園に行った際に、ぜひ立ち寄って絶品つけ麺を食べるのもいいのではないでしょうか!

今年もたくさんラーメン食べるぞ〜。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク
スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)