シェアする

【秋葉原】麺処マゼル(MAZERU) の「肉増しまぜそば」はハラペコ御用達の一品

シェアする

秋葉原駅ヨドバシカメラの近くにある麺処マゼル(MAZERU)の「肉増しまぜそば」を食べてきました。
いわゆるラーメン二郎をインスパイアしているお店です。二郎に行ったことないので味の違いまでは分かりませんが、丼の雰囲気や、注文時のヤサイマシマシ~みたいな呪文を唱える事が出来ます(笑)

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

麺処マゼル(MAZERU)地図

最寄駅はJR、東京メトロ日比谷線の「秋葉原」駅です。
JRの場合は昭和通り口が一番近い出口になります。東京メトロ日比谷線の場合は3番出口が最寄りの出口になります。
麺処マゼルは雑居ビルの中に入っておりちょっとわかり難いのです。昭和通り口(もしくは3番出口)を出たらヨドバシとは逆方向に進み道にでると「カラオケ ビックエコー」があります。その隣の雑居ビルの1階に麺処マゼルが入っています。道に小さいですが看板も出ているのでそれも目印にしてみてください。
客席は8席ほどしかなく人気店のため多少並ぶ可能性がありますのでご注意ください。

麺処マゼル(MAZERU)「肉増しまぜそば(醤油味)」

麺処マゼルのメインメニューは汁なしラーメンの「まぜそば」です。味は醤油味と塩味の2種類あり、普通の「まぜそば」はドン!とした分厚いチャーシューが1枚入って700円です。
それにチャーシューが3枚追加の合計4枚になったのが「肉増しまぜそば」です。これももちろん醤油味と塩味の2種類あり、チャーシュー分料金が加算されて900円になります。
食券を渡す時に聞かれる無料のトッピングは、

  • ヤサイ
  • ニンニク
  • アブラ
  • チーズ
  • カラメ(味濃い目)

を選ぶことが出来ます。もちろん選ばなくてもOK。

今回は午後の仕事があったのと以前にヤサイを頼んだら本当にヤサイてんこ盛りになったのでチーズのみトッピングしました。本当はアブラも追加しようと思ったのですが行く時間が遅かったためか品切れで選択不可になっていました。
麺が太いので茹でるのに時間がかかるため着丼まで6,7分くらいかかります。

いざ目の前に丼がくるとかなりのインパクトがあります。

161217_2

ヤサイは「もやし」がメインでちょっと「キャベツ」が入っています。ヤサイの下に極太の麺が入っています。
ほかの具材は「たまご」が1個、肉(チャーシュー)が肉増しなので4枚乗っています。トッピングのチーズは麺と丼の底に入っているタレの間に入っています。
ヤサイマシにすると、もやしがこの丼の倍くらいの量になります。

肉側
161217_1

麺処マゼルの魅力がこの分厚いチャーシュー。赤身と脂身のバランスの良いバラ肉部分で、しっかりとした赤身の部分の噛みごたえはありますが、サクッと歯で噛み切ることが出来て噛むほどに肉の旨みと脂の甘みが口にジュワ~と広がります。このお肉はとっても美味いですよ。

肉を味わったらヤサイの下にある麺を持ち上げてヤサイ、たまご、チーズ、タレを混ぜていきます。

食べ応えのある極太麺
161217_3

麺を混ぜたら一気に食べます。ワシワシ食べていきます。麺もちょっと固めにゆでてあって食べごたえバツグン。
タレの醤油と肉の脂、卵黄、チーズが混ざってマイルドでいてスッキリした醤油味を感じる事の出来る味わいになります。

かなりボリュームがあるラーメンですが、お腹が空いていたのであっという間に間食しました。
いつも醤油味にしてしまうので今度は塩味も食べてみようかな。

まとめ

秋葉原駅のすぐそばにある「麺処マゼル(MAZERU)」のラーメン二郎をインスパイアした汁なしまぜそばはボリュームがあるハラペコ御用達のラーメン屋さんです。
基本は1枚、肉増しにすると4枚のる分厚いチャーシューが絶品。豚バラ肉のうまみと脂の甘みをこれでもかと味わうことができます。

秋葉原に遊びに来て、お腹が空いているときに訪れてみてはいかがでしょうか。
オススメのお店ですのでぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)

シェアする

フォローする

スポンサードリンク
スポンサーリンク
レクダングル大(akirarok)